TOP 熊谷高校山岳部HP 埼玉県立熊谷高校HP カテゴリ(日記) カテゴリ(山行)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    今回書くことは前回の山行ともう一つあります。

    更新が遅れてしまって大変申し訳ございません。
    ではまず、山行から
    9月21日、22日にかけて私たちは日光白根山に行ってきました。
    各人は栗橋駅に集合して東武日光線に乗ることに、途中、乗り換えた列車には海外の方がたくさんいて日光が有名な観光地であることを思わせます。そして今回から新入部員の1年生のI君が山行に加わります。

    shirane1

    東武日光駅につき、バスに乗って竜頭の滝まで、
    途中いろは坂で某漫画が好きなS君はとてもうれしそうにしていました。
    さて、竜頭の滝からは戦場ヶ原を散策して、湯元まで歩いていく予定ですが、せっかくなので竜頭の滝を少し見ることに、幾人かは中学校の頃林間学校で訪れたとのことを話していました。

    shirane2

    ここから重度の花粉症のK君はフル装備で花粉メガネがサイバネティック?な感じがします。
    さて、これより戦場ヶ原に、自然散策路を少し進むと何やらゲートらしきものが、どうやら鹿対策のようです。
    やはり雲取山でもそうでしたが近年鹿による被害がすごいらしいですね。
    雲取山では木の幹を覆う黒の網を設置していましたが、戦場ヶ原を保護するがためにその場所自体を柵で覆ってしまうなんて豪快です。

    shirane3

    shirane3.5 shiran4

    (↑の爪痕は山行の帰りの時のものです。)

    何とも歩きやすい木道を進み、途中蝶の調査をしている人などにあったりしながら進み、湯滝を超えたら硫黄の匂いがしてきました。
    もう、すぐに湯元のキャンプ場です。

    shirane6

    湯本のキャンプ場は何とも広く、下が草のじゅうたんでとても寝やすそう、これはテン場ではなく明らかにキャンプ場。ゆえに料金もいささかお高めです。
    明日の出発は早いので登山口散策班と炊事班に分かれて用意を、ここは水場が整備されており、水には困りません。
    今回、ネットで見た生卵の持って行きかたをみて、麩菓子をクッション材に卵ごとラップでくるみ、タッパーに入れ行きました。
    結果は、アルミホイルでくるんだ卵は割れてしまいましたが、ラップでくるんだのは全て割れていませんでした。
    アルミホイルは1つしかくるまなかったので偶然か否かは不明です。
    そしてその卵をゆで、夕食に添えました。

    次の日、朝食を取り終えてまだ太陽が顔を出さないうちか白根に登りはじめます。
    夜道は無論ヘッドランプをつけていますが、月が何とも明るくなかなか良い雰囲気を少し開けた草原の真ん中を歩きながら味わっていました。
    その時も束の間、登山口に入ると急こう配で木の根の階段やちょっとしたやぶ漕ぎなどを体験さしてくれます。
    また、地面が滑りやすくなっており転倒する人もしばしば。
    日が昇ってもそののぼりは続きましたが、それがそこはかとなく楽しく、登っている人の会話の内容がどんどん肥大していきました。
    前白根についたころはもう2300m以上なのでなかなか寒く、そのせいか、まだ9月だというのに周りの木々は色めいて、50%ほどな感じでした。

    shirane5
    shirane7

    下の避難小屋で一本取っているときに夏山の時使わなかったこれぞ利器というα米に水を投入、これが結構美味しく、普通のごはんにも引けを取らないから不思議です。
    そしてそれをサブザックに入れながらまた白根山へと歩みを進めました。
    白根山は北岳のようになだらかな山ではなく、さしずめ槍ヶ岳のような感じで、さほど危険ではありませんが二つほどの岩崖ができていました。

    shirane10 shirane9

    shirane8


    景色は素晴らしく、下の池などがとてもきれいです。
    帰りは五色山のほうを通って帰りました。
    日光には池が多く、普通の山とは異なっています。
    五色山を過ぎると、道がえぐられていて、1m弱の崖ができていたり両側が土の道になっていたりと、千変万化で飽きが来ません、しかしのぼりと考えると少し辛そうです。
    そして、無事下りおえ、湯元からバスに乗って東武日光へ帰りました。


    もう一つは一週間前まで一週間、熊谷高校はNZからの留学生が来ていました。
    昨年NZに行っていた当部活のI君は今年はその留学生のホストファミリーとしてJ君を迎え入れていました。
    私たちの部活に2日間だけ加わり、あまり言葉は通じなくても案外意志は疎通できると実感しました。
    サッカーを行ったり、一緒に食事に行ったりなどして、本当に短い期間でしたけどとても楽しんでくれたらしく、とても嬉しく思います。

    shirane_end

    今月は山行はありませんが、来月は双子山にOB小屋の清掃などを行いに行きます。
    囲炉裏などがあり、みんなで談笑するのがとても楽しい場所です。
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://raicho8.blog.fc2.com/tb.php/16-42760308
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。